TOP

巻高歴史年表

巻高の創立から現在までを年表と写真で振り返ります。

  • 中学校
  • 女学校
  • 高等学校
西暦
元号
沿革史
1882
明治
15
5
西蒲原郡町村連合会において郡立中学校の設立を決議する。
1882
明治
15
9
郡立中学校の設立認可される。巻町専福寺内に開校する。校長 朝妻国輔。
1884
明治
17
5
西蒲原郡弥彦村に校舎を新設する。
1885
明治
18
9
私立明訓学校と合併して県立明訓学校となる。
1885
明治
18
10
文部大臣森有礼、同省輔野村綱臨席のもとに開校式を挙行する。校長 大橋一蔵。
1888
明治
21
 
 
新潟県立明訓学校廃校となる。
1903
明治
36
1
8
西蒲原郡議会は全会一致で中学校設置の請願を決議し、郡選出の県会議員を通じて件の当局、県会に請願する。
県立明訓学校が廃校となってから十数年を経た明治35年頃より、郡内有識者の間に中学校設立の必要を説く声が再び起こってきていた。
1906
明治
39
2
県会において中学校創立のための予算案が可決される。
1906
明治
39
6
23
新潟県立新潟中学校巻分校を西蒲原郡巻町に設置し、明治40年4月より開校することが認可される。
 
明治
39
10
1
校舎新築工事に着工する。
1907
明治
40
3
6
新潟県立新潟中学校巻分校を新潟県立巻中学校と改称の上、四月より開校することが認可される。
 
 
 
3
11
茨城県立下妻中学校教諭黒金泰信初代校長となる。
 
 
 
4
27
第一回入学式を挙行する。
正門(創立当時)
正門(創立当時)
 
 
 
5
1
授業を開始する。この日をもって創立記念日と定める。
校地六千坪、校舎四百三十四坪は西蒲原郡よりの寄付である。
 
 
 
 
7
寄宿舎を建設する。
 
 
 
 
9
生徒服を制定する。
1908
明治
41
4
 
訓育綱領「勤労・廉直・恭敬」を制定する職員小和田惟徳起草、金子由蔵書写して第二回生の入学式に発表する。
 
 
 
10
13
教育勅語、戊申詔書を受ける。
1909
明治
42
5
1
創立記念式、校風式を挙行する。
 
 
 
10
11
初代校長黒金泰信病気のため休職となる。
 
 
 
11
8
伊藤郁太郎代に校長となる。
 
 
 
12
13
増築校舎一棟、渡り廊下二カ所を引き継ぐ。
1911
明治
44
1
28
内野村方面において初の発火演習を行う。以後年中行事となる。
 
 
 
5
22
四、五年生東京方面に修学旅行を行う。以後年中行事となる。
 
 
 
6
30
明治天皇、皇后のお写真をうける。
 
 
 
12
24
土地二千四百三十四坪、校舎の一部増築分、銃器室一棟、物置その他を引き継ぐ。
1912
大正
元年
3
25
第一回卒業式を挙行する。卒業生三十二名。このころ、同窓会「国士会」創設の気運おこる。
 
 
 
10
11
竹内雄之介第三代校長となる。
 
 
 
11
 
県当局財政緊縮のため本校他二校廃校の方針を発表する。これに対し地元では熱心に存続運動を展開した。しかし十二月に県会が終わって廃校が決定的となるや、西蒲原郡会は郡立中学校として存続することを決議した。
1913
大正
2
3
 
県当局は廃校を取り止め、当分の間郡立とする方針に変える。
第2回卒業生
第2回卒業生
 
 
 
4
1
新潟県立巻中学校を西蒲原郡立巻中学校と改称することが認可される。
 
 
 
 
 
このころ、応募生徒数少なく、ようやく所要生徒数に達する程度という状態で、郡内小学校を歴訪して応募者の増加を懇請する有様であった。
 
 
 
4
8
徴兵令第十三条により生徒の徴兵延期が認可される。
1914
大正
3
3
21
西蒲原郡巻中学校を大正三年三月二十五日以降新潟県立とし、新潟県立巻中学校と改称することが認可される。
郡当局、郡選出県会議員等の奔走によって県立中学校に復帰することができ、郡立中学校としての卒業生を出さずにすむ。
 
 
 
4
 
前年越後線が開通し、入学志願者漸増の傾向が見える。この年の受験者百一名、入学者四十一名を数える。
 
 
 
7
2
校地二千五百一坪を拡張する。
 
 
 
9
 
校旗を制定し、樹立式を行う。
 
 
 
10
27
大正天皇のお写真をうける。
1916
大正
5
11
 
立太子礼記念として土地を購入する。
1917
大正
6
4
 
十学級編成の予定でこの年より向う五カ年間一学級ずつ増加募集することにし、二学級募集する。この年の入学者九十四名。
農業科を加設する。
 
 
 
5
1
創立十周年記念式を挙行する。
 
 
 
5
31
松木徳聚第四代校長となる。
1918
大正
7
3
31
寄宿舎を廃止する。
 
 
 
4
 
在校生父兄の寄付により御真影奉安所を新設する。
武道に新たに柔道を仮設する。一、二年生に体操科の時間を増す。
 
 
 
11
8
十二日まで五日間臨時休校する。悪性流行性感冒まん延のためで、欠席者は生徒の三割余に達する。
1919
大正
8
11
 
物理化学実験室を新築する。
1920
大正
9
7
15
矢浪淑次郎第五代校長となる。
 
 
 
12
 
雨天体操場増築、御真影奉安所および銃器室を移転する。
1921
大正
10
9
15
藤田良平第六代校長となる。
 
 
 
9
 
寄宿舎二階建て一棟、舎監室、同事務室、病棟一棟増築、食堂を拡張する。
一時廃止した寄宿舎をこのころ再開した。
1922
大正
11
4
 
15学級編成の予定で向こう五カ年間一学級ずつ増募することにし、三学級募集する。入学者百三十一名。
 
 
 
9
 
校歌を制定する。
第九回卒業生の寄贈による。
1923
大正
12
3
 
農業科を廃止する。
 
 
 
8
 
校舎二階建一棟を増築する。
剣道部(第13回生・大正13年)
剣道部(第13回生・大正13年)
1925
大正
14
2
18
広瀬 杲第七代校長となる。
 
 
 
3
26
御真影奉蔵所を新設する。校友会の寄付による。
 
 
 
4
 
初めて配属将校陸軍歩兵大尉飯田七郎が着任し、本格的軍事教練始まる。
1926
大正
15
5
1
創立二十周年記念事業の一つとして行われた運動場の拡張改修工事が完成し、竣工式を行う。
 
 
 
10
1
創立二十周年記念式を挙行する。あわせて永年勤続者表彰式、記念祝賀会、記念展覧会を行う。
職員生徒全校記念撮影
職員生徒全校記念撮影
 
 
 
 
2
校友会物故者追悼祭を行う。
 
 
 
 
9
記念大運動会を開催する。
その他の記念事業は、ラジオ設備、記念誌発行等である。
 
 
 
10
 
校舎平屋建一棟増築する。
1927
昭和
2
5
31
内山静一第八代校長となる。
1928
昭和
3
3
9
本田石介第九代校長となる。
 
 
 
 
 
武道場を新築する。創立以来増築を重ねてきた校舎は一応完成の域に達する。校地八千五百坪、校舎一千百六十五坪である。
 
 
 
10
3
昭和天皇、皇后のお写真をうける。
1929
昭和
4
 
 
柔道部
柔道部・第18回生(昭和4年)
1930
昭和
5
3
31
山田寅之助第十代校長となる。
1931
昭和
6
4
 
募集一学級減となり、昭和八年度より十学級編成となる。
この年の入学許可者は九十三名である。
1932
昭和
7
3
31
寄宿舎を廃止する。
粟野信一第十一代校長となる。
運動会
運動会発火演習(第21回生)
 
 
 
11
 
水道敷設完成する。
1933
昭和
8
3
31
秋野亀太郎第十二代校長となる。
1934
昭和
9
3
 
寄宿舎一部払い下げ取り壊す。
 
 
 
11
17
群馬県高崎市で御親閲があり教諭二名生徒二十三名参加する。
1935
昭和
10
 
 
本町通り
本町通り
水道タンク
水道タンク
駅前通
駅前通
校舎前庭での教練
校舎前庭での教練(第24回生)
1936
昭和
11
9
19
創立三十周年大運動会を開催する。
 
 
 
 
30
初代校長黒金泰信記念碑除幕式を行う。
第三回までの卒業生の発起により、創立三十周年を記念して建立される。

除幕式

初代校長黒金泰信記念碑
 
 
 
10
1
創立三十周年記念式典を挙行する。参列者四百五十名を数え、空前の盛事であった。
夕刻より職員、生徒による提灯行列を行い、楽隊を先頭に祝歌を高唱して町内を廻った。
記念講演会を行う。講師広瀬孝六郎、樋浦誠。
三十周年記念
三十周年記念
蛍雪橋(昭和11年竣工)
蛍雪橋(昭和11年竣工)
県陸上優勝
県陸上優勝
弥彦行軍
弥彦行軍
1938
昭和
13
 
 
この年より宿泊を要する修学旅行は、日華事変のため中止となる。
1939
昭和
14
4
 
この年より一学級増の三学級募集となる。入学者六十二名。
1941
昭和
16
3
31
小和田毅夫第十三代校長となる。
 
 
 
4
 
学徒報国団を結成する。
1942
昭和
17
 
 
太平洋戦争激化にともない戦時色濃厚となり、しばしば夜間行軍、耐寒行軍や防空演習を行う。
1943
昭和
18
4
2
大島順一第十四代校長となる。
 
 
 
4
 
太平洋戦争苛烈の度を加え正常な学園生活次第に困難となる。
中学校の修業年限四年に短縮となり、制服の金属製ボタンの回収等を行う。またグランドを耕し畑とする。
体育訓練、教練、防空訓練等多くなり、勤労動員始まる。
1944
昭和
19
4
 
太平洋戦争敗色濃くなり、本格的勤労動員始まる。
石炭荷揚げ、飛行場整地のため新潟に勤労動員、食糧増産に動員。
 
 
 
8
 
夏期休暇を原則として廃止し、修練等の授業に当てる。
四、五年生二百四十名が、三菱重工業株式会社名古屋発動機製作所に通年動員される。
 
 
 
9
 
三年生が小野鉄工所、石井精密工業株式会社新潟工場に動員される。
戦時学徒動員
戦時学徒動員
1945
昭和
20
1
22
第十四代校長大島順一病気のため死去する。
 
 
 
3
2
吉田正元第十五代校長となる。
卒業式を動員先の工場で挙行する。
 
 
 
4
 
三年生島本鉄工所内野工場、燕武田工業株式会社へ通年動員される。
 
 
 
8
15
敗戦となり、勤労動員中の職員生徒学校に復帰する。
 
 
 
10
 
占領軍の指令により、翌年にかけて軍国主義的、国家主義的色彩を一掃するための措置が次々にとられる。
この月、学校所有の兵器類を警察に提出し、軍国的色彩のある教具を払い下げ、または燃却する。
 
 
 
12
 
修身、国史、地理の授業を停止する。
翌年七月、軍事色を一掃するため、体育における秩序運動として必要な号令、指示の反復訓練、隊列行進等が禁止となる。
 
 
 
12
12
翌年一月三十一日まで五十日間臨時休校する。運輸事情悪化により学生定期乗車券の使用が禁止されたためである。
1946
昭和
21
2
20
中学校の修業年限五年となる。戦時中四年に短縮されていた。
 
 
 
8
 
地理授業の再開が認められる。続いて十一月に日本史の再開が認められる。
 
 
 
11
1
創立四十周年記念式を挙行する。
1947
昭和
22
1
 
一月十三日から、一月三十一日まで、隔日授業を行う。
運輸事情の悪化により、学生定期券乗車券が隔日使用となったためである。
 
 
 
4
1
学制改革により、併設中学校を設置する。この年生徒会の活動が始まる。
戦後(昭和22年)
西暦
元号
沿革史
◆郡立実科高等女学校
1912
大正
元年
2
14
西蒲原郡会において実科高等女学校の設立を可決する。
1913
大正
2
2
14
新潟県西蒲原郡立実科高等女学校の創立認可される。
 
 
 
4
8
奥田教佶初代校長となる。
 
 
 
4
12
巻小学校校舎の一部を借用して開校する。
修業年限四年。募集人員一学級五十名であったが入学者は四十二名、職員は七名であった。
以後この日を創立記念日と定め、記念式典を行う。
正門
正門
白樺に囲まれた校舎
白樺に囲まれた校舎
 
 
 
10
 
教育勅語を受ける。
1914
大正
3
4
5
校舎新築工事を着工する。
 
 
 
8
 
新校舎竣工する。
 
 
 
9
5
新校舎に移転し、授業を始める。
新校舎は教室三つ、裁縫室一つ、体操場、校長室、教務室等であった。
 
 
 
10
 
校旗を制定し、樹立式を行う。
 
 
 
11
15
開校式を挙行し、記念展覧会を開催する。来校者一万五千人にのぼる。
1915
大正
4
10
 
作法室および割烹教室の建設工事竣工する。
 
 
 
11
 
大正天皇のお写真をうける。
1916
大正
5
12
29
初代校長奥田教佶死去する。
1917
大正
6
2
8
伊藤祐第二代校長となる。
 
 
 
3
22
第一回卒業式を挙行する。卒業者二十八名。
 
 
 
7
20
森孫三郎第三代校長となる。
 
 
 
9
1
寄宿舎建設工事竣工する。
この年初めて按摩講習会を開く。以後毎年のように開き、受講者に修業証書を与える。
1918
大正
7
10
18
第一回大運動会
第一回大運動会
第一回大運動会
1919
大正
8
4
1
生花、茶の湯を課外として加設する。
 
 
 
4
 
裁縫室、割烹教室、屋内運動場、奉安所、寄宿舎建設工事竣工する。
第3回卒業生
第3回卒業生
1920
大正
9
5
1
校地345坪を増加する。
 
 
 
10
 
第三回運動会を開催する。
巻町より楽隊を呼び、観衆二千余を集めて盛況であった。
◆郡立巻高等女学校
1921
大正
10
3
18
実科高等女学校を高等女学校と組織変更し認可される。
 
 
 
4
1
新潟県西蒲原郡立巻高等女学校と改称される。
 
 
 
10
 
理科教室、同準備室、割烹教室、音楽教室、小使室等の建設工事竣工する。
1922
大正
11
3
 
西蒲原郡立巻高等女学校の卒業式を挙行する。
実科高等女学校の卒業生を加えて第六回卒業生まで百八十八名に達する。
◆県立巻高等女学校
1922
大正
11
4
1
新潟県立巻高等女学校と改称する。
園芸科を加設する。
校旗
校旗
 
 
 
4
15
第三代校長森孫三郎死去する。
 
 
 
5
25
村山  吉第四代校長となる。
 
 
 
7
24
生徒服和服を洋服に改める。
黒色八分セーラー型で、袖口とポケットに赤線三本、ネクタイの色で学年を区別したが、後に黒色に統一した。夏は襟なし半袖でネクタイを用いなかった。
1923
大正
12
4
1
英語を一、二年生の必修、三、四年生の随意科目とする。
従来三年生以上の随意科目であった。
 
 
 
4
12
創立十周年記念式を挙行する。
 
 
 
4
13
記念音楽会を開催する。
 
 
 
4
 
在校生父兄の寄付により記念文庫を開設する。
1924
大正
13
10
22
四年生京阪地方へ修学旅行を行う。
修学旅行は創立当初から行われていたが、この年以後行先が関西方面となり毎年行われるようになる。
 
 
 
12
20
事務室増築工事落成する。
この年屋内体操場を新築する。従来の体操場を普通教室とする。
新築当時の体操場
新築当時の体操場
1925
大正
14
3
31
長谷川政治第五代校長となる。
 
 
 
7
 
臨海聚落を角田浜に開く。
この年は日帰りであったが、翌年越前浜で宿泊し、以後年中行事となる。
 
 
 
11
 
はじめてジャケットの着用を許可する。茶、黒、白、鼠色の無地物で襟なしに限る。
 
 
 
12
8
坂井忠太郎第六代校長となる。
1926
昭和
元年
2
22
後援会発足する。
 
 
 
10
17
割烹室内の改造工事竣工する。
1927
昭和
2
4
 
生徒制服を改正する。白襟カバー長袖カフス付きセーラー型で、右胸ポケットにえんじ線三本、黒ネクタイをつける。夏は半袖セーラー型変わり襟でネクタイをつける。
 
 
 
9
 
弓道場を改築し、道場開きを行う。従来のものは大正十年に巻町内藤秀三郎より寄贈されたものである。
1928
昭和
3
4
11
寄宿舎給水工事竣工する。
 
 
 
8
 
職員玄関の正面にあった正門を西方に移転する。
創立当初は職員玄関よりもさらに東方、旧体操場前に正門があったが、大正十三年に職員玄関正門に移されていた。
 
 
 
9
27
巻銀行寄贈の御真影奉安庫完成する。
 
 
 
10
8
今上天皇、皇后のお写真をうける。
 
 
 
12
12
倉庫落成する。
1929
昭和
4
4
1
伊藤勉治第七代校長となる。
体育授業
体育授業・ベニスのゴンドラ(昭和4年)
正門
正門(昭和7年)
新年宴会余興
新年宴会余興(昭和7年)
マント姿
下校風景(マント姿)(昭和7年)
1933
昭和
8
3
31
古川鉄平第八代校長となる。
 
 
 
10
12
創立二十周年記念式を挙行する。
記念音楽会、展覧会、運動会等を開催する。
創立20周年記念運動会
創立20周年記念運動会
創立20周年記念音楽会
創立20周年記念音楽会
寄宿舎前でのスキー練
寄宿舎前でのスキー練習
理科実験
理科実験
1934
昭和
9
12
22
皇太子誕生記念御真影奉安殿建設工事竣工する。
奉安殿
奉安殿
運動会
運動会
第18回卒業生
第18回卒業生
1935
昭和
10
4
1
専攻科を開設する。

修業年限一カ年で、卒業生のうちさらに裁縫、家事、生花、茶の湯等について熟達を希望するものを就学させる。

1936
昭和
11
9
 
校旗を制定する。
雛祭
雛祭
第1回専攻科卒業記念
第1回専攻科卒業記念
入学式
入学式
1937
昭和
12
3
25
校地六百六十七坪を増加する。
 
 
 
3
31
服部越第九代校長となる。
 
 
 
10
20
二階建て四教室増築工事竣工する。
校地校舎完成の域に達する。校地五千二百三十八坪、校舎七百十四坪、寄宿舎二百六十坪である。
1939
昭和
14
5
22
紀元二六〇〇年記念国旗掲揚塔完成する。
 
 
 
12
 
防空業務書を制定して、防護団を編成し、防空演習を行う。
1940
昭和
15
 
 
このころより勤労作業増加する。
この年の作業計画は、夏期、冬期休暇中に約十日間作業日をもうけ、他は放課後等を利用し、学校の実習田、飼育場等で作業することにする。
1941
昭和
16
5
 
学徒報国団を結成する。
この年の報国団の勤労作業は軍人遺家族五百九戸に家事手伝いに延七百名、農村共同保育所へ保母助手として延百二十名派遣する。
1942
昭和
17
4
13
堀部健一第十代校長となる。
 
 
 
9
 
学徒報国団の団則および諸規定を制定する。
この年農繁期にしばしば共同炊事、保育手伝いに附近町村へ出動する。
1943
昭和
18
1
21
一週間にわたり毎日一時間耐寒訓練を行う。
 
 
 
4
 
学校報国隊を結成する。
太平洋戦争激化に伴い、修学旅行を廃止する。
勤労作業ますます増加する。作業内容は農繁期の保育助手、共同炊事手伝い、開墾作業、応集家族への勤労奉仕等である。
 
 
 
10
10
創立三十周年記念式を挙行する。
1944
昭和
19
3
31
勝田寛第十一代校長となる。
 
 
 
8
22
四年生新潟鉄工所へ通年動員される。
 
 
 
10
 
三年生吉田防具会社へ通年動員される。
 
 
 
11
 
三年生島本鉄鋼所内野工場へ通年動員される。
1945
昭和
20
4
1
学級増となり、第一学年百五十名募集する。
 
 
 
4
 
三年生日東紡績株式会社内野工場へ通年動員される。
 
 
 
7
 
学徒義勇隊を結成する。
 
 
 
8
15
敗戦となり、動員中の職員、生徒学校に復帰する。
 
 
 
12
12
翌年一月三十一日まで臨時休校する。
学力低下を防ぐため、宿題を課し、徒歩通学者には本校で、その他は吉田、地蔵堂、弥彦、曽根、内野、燕各国民学校で出張指導を行う。
1946
昭和
21
3
15
久保田隆円第十二代校長となる。
1947
昭和
22
4
1
学制改革に伴い併設中学校をおく。
 
 
 
10
9
新制高校実施の準備のための基礎調査を実施する。
調査報告の中で、家政科を併置した普通科の女子高等学校が望ましいが、地域の現況を考えれば商業科併設が妥当と報告した。
◆県立巻女子高等学校
1948
昭和
23
4
1
学制改革に伴い、新潟県立巻女子高等学校と改称する。
定員四百五十名、校地五千二百三十八坪、校舎延べ坪九百七十四坪。
旧巻高等女学校第十二代校長久保田隆円初代校長となる。
 
 
 
6
7
定時制課程を設置し、開校する。
定員昼間部、夜間部あわせて二百名、修業年限四年。
 
 
 
8
 
新聞「杉むら」を創刊する。
 
 
 
11
1
校舎内電灯配線設備完成する。
1949
昭和
24
3
31
併設中学校を廃止する。
 
 
 
9
30
佐藤登第二代校長となる。
1950
昭和
25
3
31
新潟県立巻女子高等学校を廃止する。
西暦
元号
沿革史
1948
昭和
23
4
1
学制改革により、新潟県立巻中学校を新潟県立巻高等学校と改称する
中学校第十五代校長吉田正元初代校長となる。
1949
昭和
24
3
31
併設中学校を廃止する。
 
 
 
9
30
久保田隆円第二代校長となる。
 
 
 
10
1
「巻高新聞」第一号を発行する。
 
 
 
12
24
生徒会規約を制定する。
1950
昭和
25
3
31
新潟県立巻高等学校を廃止する。
巻高等学校と巻女子高等学校の統合により、新高等学校の発足をはかるための処置である。
林政市初代校長となる。
 
 
 
4
1
巻高等学校と巻女子高等学校を統合し、新潟県立巻高等学校となる。
普通課程八学級、家庭課程一学級の総合課程の高等学校として新発足する。
この年の入学者数三百四十二名である。
旧巻高等学校を北校舎、旧巻女子高等学校を南校舎と呼ぶ。
定時制課程を旧巻女子高等学校より引き継ぐ。
この年の入学者数十三名である。
 
 
 
5
30
生徒会規約を制定する。
 
 
 
6
22
新潟県立巻高等学校後援会発足する。
 
 
 
 
24
開校記念祭を挙行する。式典、演劇、舞踊発表会、音楽会、展覧会、体育大会を行い、盛会であった。
 
 
 
7
14
記念講演会を開催する。講師長谷川万吉博士。
 
 
 
8
3
旧巻女子高等学校同窓会で旧巻高等学校同窓会との一本化を可決する
 
 
 
11
3
文化祭を開催する。以後年中行事となる。
 
 
 
 
4
巻高等学校同窓会創立総会を開催する。
1951
昭和
26
1
22
新校歌を制定する。
歌詞は、中学校校歌の一番を一番とし、女学校校歌の二番を二番とし、職員生徒より募集して当選した竹内三一郎教諭のものを三番とし、金子彦二郎氏の補訂によった。
曲は、勝山文吾教諭が、原曲のメロディーをともに生かしながら、合唱曲として編曲した。公式に歌ったのは昭和26年三月の卒業式がはじめてであった。
 
 
 
2
1
三日まで保健休暇として休校する。
昭和33年まで毎年行う。
 
 
 
4
 
普通課程一学級増となり、第一学年は十学級編成となる。
名実ともに男女共学制となる。
従来男子は北校舎、女子は南校舎に別れていたが、この年より南北両校舎ともに男女生徒が学ぶようになる。
新潟県立巻高等学校PTA創設する。
1952
昭和
27
1
20
北校舎増築教室(新校舎)上棟式を行う。
 
 
 
3
31
定時制課程を廃止する。
 
 
 
5
7
新校舎竣工式を挙行し、祝賀会を開催する。新校舎はモルタル塗二階建八教室二百七十一坪。

共学開始の頃
1954
昭和
29
4
 
週五日制をやめて週六日制とする。
 
 
 
6
 
南校舎実習田は埋立て整地する。校地不足を解消するためで、男子生徒整地作業に参加する。
 
 
 
2
26
卒業式を繰り上げて行う。
大学の入学試験が三月上旬に集中しているため、この頃より毎年繰り上げて行うようになる。
1955
昭和
30
1
 
校章、バッジを決定する。旧巻高等学校ゆかりの桔梗に「高」を入れたものを校章、バッジとする。図案は丸山静六教諭。
 
 
 
4
1
阿部藤策第二代校長となる。
 
 
 
7
20
生徒会規約を改正する。
 
 
 
8
17
後援会の組織をかえ、社団法人新潟県立巻高等学校後援会と称する。
1956
昭和
31
5
1
北校舎図書館開架式となる。
 
 
 
6
 
南校舎図書館改造移転する。
 
 
 
10
9
巻高新聞創立50周年記念特集号発行
 
 
 
 
10
創立五十周年記念式典を挙行する。
北校舎に来賓四百余名、生徒代表二百四十名を集めて盛大に挙行し、終わって南校舎で祝賀会を開催する。
この日校旗を樹立する。
記念文化祭を十二日まで開催する。
正門アーチ
正門アーチ
祝賀式
祝賀式
南校舎
南校舎
北校舎(グランド拡張)
北校舎(グランド拡張)
 
 
 
 
11
記念講演を行う。講師長谷川万吉、広瀬孝六郎両教授。
 
 
 
 
30
記念体育大会を開催する。
 
 
 
11
30
記念事業の一つとして前年十二月に買収した校地三千百七十三坪の埋め立て整地起工式を行う。
その他の記念事業は、記念誌「白楊五十年」発行、「西蒲原郡誌」(斉藤幸太郎教諭執筆)の出版、同窓会名簿の作成等である。
1957
昭和
32
6
23
拡張校地の整地終わり、竣工式を行う。
 
 
 
11
16
第一回全校マラソンを行う。以後年中行事となる。
 
 
 
12
1
学則を制定する。
1958
昭和
33
1
17
大雪のため臨時休校する。
 
 
 
2
25
巻高新聞第58号
 
 
 
10
 
女子制服を定める。
夏は白の長袖ステンカラーアンダーブラウス、紺リボン、紺色ひだスカートを着用し、冬はその上に紺色スーツを着用する。そのほかに夏と冬の略装がある。
1959
昭和
34
4
1
佐藤登第三代校長となる。
後援会で体育館建設資金の積み立てを始める。
引き続いて校舎増築資金の積み立てを行い、昭和四十二年十月現在、なお続けられている。
 
 
 
6
 
北校舎の北方二百米煙火工場が新設されたため、学校、PTA、後援会、同窓会、巻町等一致して反対に立ち上がる。このため、よく九月三十日を限り条件付きで移転することに決まる。
1960
昭和
35
5
 
南北両校舎統合の気運急速に高まる。高校生の急増対策で南校舎に高等学校を新設することが具体化し、これに伴い数年来の懸案である校舎統合、校舎の増改築が急速に日程に上り始める。
 
 
 
7
17
三年生高島賢策A・F・Sの留学生試験に合格し、アメリカに留学する。
 
 
 
8
3
煙火工場爆発する。夏期休業中で校舎ならびに生徒には被害はなかったが、移転決定的になる。
 
 
 
11
 
蛍雪大橋永久橋となる。
1961
昭和
36
1
8
大雪で三学期の授業乱れる。
前年末からの大雪で始業式より授業乱れ、十八日には臨時休校する。一月二十三日ようやく正常となる。
 
 
 
8
 
同窓会総会で校舎改築のため二千万円の募金実行委員会を組織する。
昭和四十年三月には目的を達成して実行委員会を解散する。募金総額一千九百二十万円に達する。
 
 
 
9
1
アメリカ留学を終えた高島賢策三年生に復籍する。
 
 
 
 
16
第二室戸台風で校舎大きな被害を受ける。
北校舎男子便所倒壊、柔道場傾斜等被害総額三百七十余万円にのぼる。
 
 
 
12
 
体育館建設工事のため整地作業始まる。
九月着工予定であったが、第二室戸台風でおくれ、ようやく着工のはこびとなる。開校以来親しまれてきた校庭のポプラ、プラタナス等切り倒される。
1962
昭和
37
2
1
体育館建設工事起工し、地鎮祭を行う。
 
 
 
4
1
新潟県立巻工業高等学校が南校舎に開校し、本校生徒一部同居する。
普通科一学級減となり、第一学年は九学級編成となる。
 
 
 
 
14
「巻高新聞」第百号を発行する。
 
 
 
5
 
校舎増改築の具体案を作成し、後援会総会、PTA総会に発表する。
この計画は、体育館建設に続いて校舎を第一期から第五期に分けて全面的に増改築するもので、建築総面積約八千三百平方米,総工費約二億二千万円に及ぶものであった。その後計画はさらに拡大して実施された。
 
 
 
6
24
米国A・F・S留学生ジョンヒスロップ本校に一ヶ月留学する。
 
 
 
7
 
運動部の活躍めざましく、各種県大会に優勝し、あるいは県代表として健闘する。
県大会優勝、あるいは県代表となったのは野球、排球、庭球、ハンドポール、ホッケー、ラグビーの各部である。
 
 
 
11
11
体育館建設工事完工し竣工式、体育館開きを行う。総面積二千四百四十九平方米である。
体育館
体育館

体育館竣工式
 
 
 
 
 
この年西グランドを拡張する。第十九回国民体育大会ホッケー会場となるため、グランド西側を一千七十二坪拡張する。
1963
昭和
38
1
24
臨時休校する。
このころ大雪で連日授業乱れ、このため定期考査を延期する。
 
 
 
3
8
巻工業高等学校(旧南校舎)に同居中の生徒北校舎へ引っ越し、統合なる。
 
 
 
4
1
石崎種臣第四代校長となる。
 
 
 
4
 
普通科二学級増となり、第一学年は十一学級編成となる。
教室不足を解消するため、第一控所、第二控所、柔道場、旧寄宿舎等をすべて臨時教室とする。
 
 
 
5
1
創立記念日を復活し、記念式を挙行し、記念ロードレースを行うこととする。明治四十年のこの日、旧巻中学校が授業を開始した。
雨のため翌日記念ロードレースを行う。以後年中行事となる。
 
 
 
11
26
校舎増改築第一期工事普通教室棟(十二教室)の建設起工し、地鎮祭を行う。
1964
昭和
39
6
6
第十九回国民体育大会新潟県で開催され、本校ホッケー会場となる。
七日より熱戦が繰りひろげられる。
 
 
 
 
16
新潟地震おこる。職員、生徒に異状なく、校舎被害なし。
越後線不通となり、大河津以遠の生徒は巻町商店の自転車で、内野方面はバスで、その他は徒歩で帰宅する。
 
 
 
 
22
授業ようやく正常となる。
 
 
 
7
13
第一期工事普通教室棟(一千六百八十五平方米)完工する。
普通教室棟
普通教室棟
廊下
廊下
 
 
 
8
1
教室移動する。
 
 
 
9
26
校舎増改築第二期工事特別教室棟(理科、芸術家教室)の建設起工し、地鎮祭を行う。
1965
昭和
40
4
1
大黒山平第五代校長となる。
普通科一学級増となり、第一学年は十二学級編成となる。
高校生の急増頂点に達し、全校学級数三十四,生徒数一千七百六十六名にのぼる。
 
 
 
6
16
第二期工事特別教室棟(一千八百五十一平方米)完工する。
 
 
 
8
8
教室移動を行う。
 
 
 
9
12
音楽部新潟市公会堂で「レクイエム」演奏会を開催する。
 
 
 
 
28
校舎増改築第三期工事特別教室棟(社会科、視聴覚、被服教室、図書館)、建設起工し、地鎮祭を行う。
1966
昭和
41
4
 
普通科一学級減となり、第一学年は十一学級編成となる。
 
 
 
5
28
第三期工事(一千六百六十六平方米)完工し、六月に移動する。
 
 
 
8
3
三年生相馬芳明A・F・S留学生となり、アメリカに留学する。
 
 
 
10
29
文化祭を開催する。
従来の停滞を打破するため、クラブ中心の発表に加えてクラス単位の発表を行う。
特別教室棟
特別教室棟
 
 
 
12
2
校舎増改築第四期工事普通教室棟(十八教室)の建設起工し、地鎮祭を行う。
1967
昭和
42
4
1
渡部富義第六代校長となる。
普通科一学級減、被服科一学級増となり、第一学年十一学級編成となる。
 
 
 
7
10
第四期工事(一千八百六十平方米)完工し、教室移動する。
 
 
 
 
25
第五期工事管理棟(校長室、教務室、事務室、会議室棟)の建設起工し地鎮祭を行う。
 
 
 
 
28
体育クラブ部室(鉄筋コンクリート造平屋建六十六平方米)完工する。
 
 
 
 
30
全国高等学校総合体育大会ホッケー選手権大会の会場となる。
八月三日まで熱戦が続き、ホッケー部男女とも健闘する。
 
 
 
8
10
アメリカ留学を終えた相馬芳明三年生に復籍。
 
 
 
 
 
旧第二控所の取り毀しをはじめる。旧巻中学校創立当初の建造物はすべて姿を消す。
 
 
 
9
30
創立六十周年記念体育祭を挙行する。
体育祭
体育祭
体育祭
 
 
 
10
12
創立六十周年、校舎増改築竣工記念式典を挙行する。
式典後祝賀会を開催する。
記念文化祭を十四日まで開催する。
その他の事業は、記念誌発、同窓会名簿作成等てある。
祝賀会
祝賀会
文化祭
記念文化祭
文化祭
記念文化祭
文化祭
記念文化祭
 
 
 
 
13
記念講演会を開催する。講師は北海道放送代表取締役 室谷邦夷氏。
室谷氏記念講演
室谷氏記念講演
1968
昭和
43
3
20
管理棟(二階建て鉄筋コンクリート)延べ一千百四十四.一八平方米竣工
 
 
 
4
1
竹内豊治第七代校長となる。
 
 
 
5
 
生徒昇降口、及び渡り廊下(鉄筋コンクリート渡廊下二階建て)四百二十六.九十四平方米および管理棟より体育館に通ずる渡り廊下(鉄骨造り)五十一.六四平方米竣工。
 
 
 
6
1
管理棟竣工により移転完了。
1969
昭和
44
4
28
音楽教室竣工(延べ百七十七.四六平方メートル)
 
 
 
9
1
理科実験室外(延べ坪一千十九.七九平方メートル)取り毀し処分終了。
1970
昭和
45
3
31
柔道場曳屋工事完了。
 
 
 
4
1
飯塚正雄第八代校長となる。
 
 
 
8
24
「白楊会館」建設起工式。鉄筋コンクリート二階建て、延坪二八九.五三平方米。
 
 
 
10
24
校舎北側土地買収完了。(延坪千七五五.五六平米)
 
 
 
 
31
中庭築庭寄付受納、県立巻高等学校同窓会 斉藤順作氏。築庭面積九十九平方米。
 
 
 
12
22
白楊会館」竣工式挙行。
1971
昭和
46
3
31
格技場増築工事完了。建坪二十八.九十八平米。
物置倉庫新築工事。延坪八十一.00平米。
 
 
 
6
17
白楊会館併設食堂竣工。延坪百五.三十平米。(三十二坪)
 
 
 
12
25
グランド西側百七四.九五平方米、価格八百八十二.七百二円を町道拡巾用地として巻町に売却。
1973
昭和
48
3
31
小学校裏の職員寮が用途変更により住宅になる。
 
 
 
4
1
難波光男第九代校長となる。
 
 
 
8
9
水泳プール竣工。プール四百平方米。石附層室五十五平米。
 
 
 
9
25
体育館床改修工事。
1975
昭和
50
1
18
グランド南側九十六.五十平方米。巻町道用地として巻町に売却。
 
 
 
1
4
全国サッカー選手権全国大会(於大坂)に出場、一回戦で島原高校に惜敗す。
 
 
 
4
1
藤田久喜第十代校長となる。
 
 
 
12
2
臨時休校する。
このころ列車ストで連日乱れる。
 
 
 
 
3
 
 
 
 
 
昭和五十年度男子スポーツ年間最優秀校を獲得する。
1976
昭和
51
1
 
全国サッカー選手権全国大会(於大坂)に出場、一回戦で広島工業に破れる。
1977
昭和
52
4
1
川上慎三第十一代校長となる。
 
 
 
6
12
創立七十周年記念式典を挙行する。
記念講演会を開催する。講師は筑波大学 阿部斉氏。
記念文化祭を八日、九日に開催する。その他の事業は、記念誌発行、同窓会名簿整備、グランド整備、中庭整備等である。
 
 
 
7
20
巻高新聞200号
 
 
 
11
14
創立七十周年記念行事の一環としてグランド整備(グランド暗渠排水)工事完了。
 
 
 
 
20
創立七十周年記念事業の一環として中庭の整備工事完了。
1978
昭和
53
1
24
第二体育館竣工。
 
 
 
4
22
第二体育館開き
 一、式典
 二、講演   故大松博文氏「自分にうちかちて」
 三、バレー実技指導を行う。
 
 
 
6
 
国鉄ストのため十四日、二十五日、二十六日、午前球技大会、午後放課とする。
 
 
 
6
27
豪雨のため授業せず九時半に下校とする。
 
 
 
10
 
スボーツモデル校に指定される。
1979
昭和
54
4
25
国鉄ストのため午前中、球技大会。
 
 
 
5
18
本校職員内藤晴雄先生死去。
 
 
 
5
31
本校職員山本達也先生死去。
 
 
 
7
23
最後のキャンプを間瀬で行う。
 
 
 
8
11
第一回巻高音楽祭の夕べ開催される。
 
 
 
10
 
国体で陸上競技(男子ハンマー投)入賞。
1980
昭和
55
1
17
豪雪のため休業とす。
 
 
 
2
4
臨時休校。(作業停電のため)
 
 
 
3
9
最後の学校スキーを行う。
 
 
 
 
11
 
 
 
5
 
カリキュラム委員会発足。
 
 
 
 
26
学校キャンプ・スキー中止と決定。
 
 
 
6
19
五・六限、文化講演会を行う。「美しい日本語について」ー講師・作家澤野久雄。
 
 
 
6
26
スポーツ講演会を行う。講師ー新潟市トレーニングセンター所長・大西先生。
 
 
 
6
 
北信越大会で陸上(ハンマー投)山上達也優勝。体操男子団体三位入賞。
 
 
 
 
 
この年の修学旅行、帰路、新幹線架線切断事故のため、A隊は米原、B隊は京都に約五時間足止めとなる。
1981
昭和
56
2
 
スポーツモデル校結果報告。
 
 
 
3
 
合宿心得作成、白楊会館に掲示、徹底をはかる。
 
 
 
9
9
第一回全校生徒集会行う。テーマは「なぜ大学に行くのか」(パネルデスカッション)
 
 
 
10
 
今年より修学旅行、四泊五日となる。(従来は五泊六日)
 
 
 
 
 
この年、男子バレー部、女子ホッケー部、書道部、合唱部活躍。
1982
昭和
57
4
1
佐々木衆一第十二代校長となる。
 
 
 
 
 
四月から新教育課程実施。
 
 
 
6
 
北信越大会でラグビー部、Bブロック優勝。柔道団体三位入賞。(この年陸上競技部、体操部、男子ホッケー部、合唱部、吹奏楽部、活躍)
 
 
 
7
29 大学進学講習会開校される。参加者九十名。
 
 
 
9
13
信濃川増水のため越後線不通。地蔵堂以遠の生徒、バスをチャーターして返す。
 
 
 
 
 
九月から昭和五十八年六月まで二年生苅部美奈この年、昭和五十七年度男子スポーツ年間優秀校章を獲得。子Y・F・U留学生としてイリノイ州に学ぶ。
この年、生徒会誌「桔梗」創刊される。
1983
昭和
58
2
12
豪雪のため授業一限で打ち切り。
 
 
 
2
 
就学旅行検討委員会答申。(旅行は従前通り実施)
 
 
 
6
23
マレーシア・シンガポール教育視察団来校。
 
 
 
9
27
学力検討委員会設置決定。
1984
昭和
59
2
7
豪雪のため授業乱れる。
 
 
 
5
1
日程表変更。(越後線の電化に伴い、冬時間、夏時間の区別をなくし通年のものとする。)
 
 
 
6
 
学力検討委員会発足。(十一月、答申)
 
 
 
10
 
修学旅行、はじめて広島まで足を伸ばし、平和教育を取り入れる。
 
 
 
11
 
普通科三年三学期の授業時間特別措置認められる。この年バレーボール(男子)全国大会出場。男子バトミントン部活躍。
1985
昭和
60
3
 
この年、バレーポール部男子全国選抜大会に出場し、ベスト十六にはいる。
 
 
 
4
1
後藤洪之第中三代校長となる。
 
 
 
4
 
文部省高校教育課程研究指定校(家庭科)となる。
 
 
 
5
1
第二十三回全校ロードレース、男子コースを変更して実施。
 
 
 
6
 
北信越大会、バレーボール三位入賞。この年、野球部活躍。
1986
昭和
61
5
 
講演「教育相談」、講師堀内聡(宇都宮大助教授)
 
 
 
6
 
北信越大会、陸上部、本多桂子(400M)優勝、山本大介400M・H)二位、松島誉弥(400M・H)三位入賞。
 
 
 
8
1
創立八十周年第一回準備委員会開催。
 
 
 
8
 
インターハイで本田桂子四〇〇M優勝。
 
 
 
 
 
八月五日から昭和六十二年七月まで三年生玉木香代子Y・F・U留学生としてアメリカ・インディアナ州チェアバスコ・ハイ・スクールで学ぶ。
 
 
 
10
 
アジア大会、四×四〇〇Mリレーで本田桂子銀メダル獲得。
 
 
 
10
 
高文連発足、加盟。
 
 
 
 
 
この年、男子バレーボール部二年連続全国選抜大会出場、ラグビー部活躍。
1987
昭和
62
3
 
文部省高校教育課程研究成果報告。
 
 
 
4
 
普通科一学級増となり、第一学年は十学級編成となる。
 
 
 
4
21
創立八十周年実行委員会開催。
 
 
 
5
1
創立八十周年ロードレース大会実施。
 
 
 
5
20
タイ教育使節団二十名来校。
 
 
 
6
13
創立八十周年記念白楊祭(体育祭)実施。
 
 
 
8
29
創立八十周年実行委員会開催。
 
 
 
9
25
創立八十周年記念式典を挙行する。
記念講演会を開催する。講師は新潟大学教授・文学博士大橋勝男氏。演題は「ことばと人の成長」式典後記念祝賀会を開催する。
記念文化祭は二十七日まで開催する。
創立記念「巻高新聞」第二百四十号を発行する。
その他の事業は、記念誌発、同窓会名簿作成、格技場(県事業)、部室新築、グランド整備、記念物品の整理等である。
 
 
 
11
21
第67回全国高等学校ラグビーフットボール大会県予選優勝。12月28日~1月7日までの隔日六日間、東大阪市「花園ラグビー場」でおこなわれる全国大会に出場。